住宅防音工事

住宅防音工事とは

  • 住宅防音工事に係る費用は、国の100%補助で行われます。
    原則、オーナー様や居住者様が費用を負担することはありません。
  • 窓サッシや玄関ドアを交換する工事を行い、厚木基地の航空機騒音を軽減します。
  • 遮音性が上がると同時に気密性も上がる為、同時に空調に関する工事も行われます。
  • 防音工事済物件として付加価値がつき、入居率のアップするなどが期待できます。

※限度額が設けられており、それを超えた場合や材料のグレードアップする為の費用は自己負担となります。

サスダの住宅防音工事

  • 1,複雑な書類手続きをサスダが代行いたします。
  • 2,大型家具の移動等はお手伝いいたします。荷物整理に必要な段ボールは無償で提供いたします。
  • 3,防音工事以外のリフォーム工事も同時に承ります。同時に行うことで、費用軽減が図れます。
  • 4,万全の体制で工事を行います。万が一、工事中に災害や事故が発生した場合に備えて保険に加入しています。
  • 5,工事終了後には、工事保証書を発行いたします。

指定された区域で国の定めた方式で防音工事を行う場合は、
その費用の100%が国から補助されます。

  • 新規防音工事

    住宅防音工事を実施していない住宅を対象とする防音工事です。
    世帯人数にかかわらず2居室まで防音工事が実施できます。

  • 追加防音工事

    新規防音工事を実施した住宅を対象とする防音工事です。
    世帯人員に応じて残りの居室に対する防音工事です。

  • 一挙防音工事

    住宅防音工事を実施していない住宅を対象とする防音工事で、世帯人員に応じて実施する防音工事です。
    新規防音工事と追加防音工事を同時期に実施する工事です。

  • 建替防音工事

    防音工事が完了してから10年以上経過し、その後建て替えられた住宅又は、建て替え計画のある住宅を対象とする防音工事です。
    ただし、建て替えの前後で住宅の代替性、継続性が必要です。

  • 防音区画改善工事

    バリアフリー対応住宅、フレックス対応住宅あるいは身体障害者及び要介護者等が居住する住宅を対象とする防音工事です。

  • 工法是正工事

    第Ⅱ工法で防音工事を実施した住宅が第Ⅰ工法の区域に変った場合は、既に第Ⅱ工法により工事を実施した住宅の部分については第Ⅰ工法の範囲内で防音工事が実施できます。

  • 外郭防音工事

    外郭防音工事は、家屋全体を1つの区画とし、その外郭について実施する防音工事です。
    実施については、より騒音の著しい区域に所在する住宅等から、
    *これまでに防音工事を実施していない住宅
    *新規防音工事を実施済み住宅で、残居室のある住宅
    *追加防音工事を実施済み住宅で、防音工事が完了しから10年以上経過し残居室のある住宅

  • 空気調和機器の機能復旧工事

    【補助対象】エアコン・暖房機・換気扇・レンジ用換気扇 防音工事により取付けしてから10年以上経過した機械が、その機能の全部または一部を保持していない場合その機能を復旧する工事です。 【補助の割合】設置費用の9割を国が補助・1割が自己負担 防音建具の機能復旧工事
    【補助対象】防音サッシ・ドア 昭和59年度に防音工事により取付けた防音サッシが、その機能の全部または一部を保持していない場合その機能を復旧する工事です。 【補助の割合】国が全額補助

施工実績

施工実績をもっと見る

住宅防音工事の流れ

住宅防音工事の基本的な流れです。