大規模修繕工事

大規模改修工事とは

コンクリート建築物は10年より15年を目処に改修工事が必要と言われています。
そのまま改修せずに劣化を放置するとひび割れから雨水等の浸入による劣化や、内部の鉄筋の腐食による膨張破裂などが発生してしまいます。
それらを防止するための工事を改修工事と呼び、特にマンションなど複数のオーナー様との綿密な打ち合わせを行いながら行う比較的大きな工事を大規模改修工事と呼びます。
工事そのものの技術的なスキルも要求されますが、打ち合わせや事務面も含めた運用も非常に複雑な工事といえます。その意味では経験豊富な会社に任せたていただいた方が無難です。
当社は、修繕工事から建物診断まで、マンションの修繕に関する経験豊富な専門スタッフが迅速丁寧に対応し、皆さまのお手伝いをさせて頂きます。

サスダの大規模改修工事

1,徹底した品質管理

■設計図書の把握による品質確保
内訳明細書・仕様書・施工計画書に基づき確実な施工を実施致します。また、工事施工要領書等を作成し、その工事の内容を作業員に熟知させ、品質確保を行います。

■温度・湿度の管理による品質確保
現場事務所入り口部分等に、温・湿度計設置し、防水工事等の施工管理を行い、品質確保を行います。

■自主検査による品質の確保
各工種において、弊社の基準に基づいた自主検査を実施し品質確保を行います。

2,お客様とのコミュニケーション

ご満足いただける工事は、コミュニケーションから“がモットーです。工事着工までに「住民説明会」を開催し、資料にて皆様に工事内容を充分にご理解頂いております。また、工事期間中は、お客様の要望等をお伺いし、定期的に打ち合わせをいたします。また、工事状況が一目で確認できるように、掲示板や配布物を通して様々なお知らせをいたします。

3,アフターメンテナンス

長期に渡ってご安心いただくため、工事終了後1年目・3年目・5年に渡って当社社員が点検に伺います。その結果、施工部位に問題がある場合は保証に応じて補修し、適切なメンテナンスのご提案をし、快適な住環境を見守り続けます。

施工実績

施工実績をもっと見る

建物診断調査

マンション等の大規模修繕工事では、劣化した部位や補修箇所の適切な手当が何より重要です。 当社では、建築診断調査を行い、適切な工事をご提案させていただいております。

調査目的

建物の外傷や劣化を放置すると、その下にある躯体面の経年劣化が進み、将来思わぬ補修費用が掛かることがあります。建物の維持管理で、発生を予測することは難しいことですが、定期的な調査・点検などにより建物の変化を見極め、補修・修繕などをする必要があるかを検証していきます。
具体的には、外壁仕上げ面でのひび割れ・浮き落下などの危険性の有無を調べ、併せて今後の維持保全を計画する上での資料を作成します。
建物の資産価値を維持するために、建物のどの部分をどのように補修・修繕をするかの目安にして頂きたいと思います。

調査範囲

1)外壁全般
2)鉄部
3)防水(屋上・ベランダ)
4)その他

調査目的

1)目視調査
2)打診、触診調査
 建物躯体、外壁などの劣化現象・程度を目視判断、触診、
 打診(手の届く範囲)と調査を実施

評価基準

評価基準は以下の4段階にて行う

  • 竣工時の機能(性能)がほぼ維持されいるとみられる
  • 劣化現象が多少みられる。今後の観察が必要。
  • かなり劣化が進行しており1〜2年以内に補修が望まれる。
  • 著しい劣化状態で、早急な改修が必要と思われる。

大規模修繕工事の流れ

大規模修繕工事の基本的な流れです。